>
>
新しいプラスチック材料プロジェクトの展望には深刻な損失があります

网站建设:中企动力重庆

重慶市恒豊プラスチック電器有限公司     著作権

重慶市恒豊プラスチック電器有限公司

 

住所:重慶市大渡口区協力工業団地
 
電話番号:68935828
 
ファックス番号:68935828
 
メールアドレス:admin@hengfengsj.cn

新しいプラスチック材料プロジェクトの展望には深刻な損失があります

【概要】:
I.継続的な年の会社のTLCPプロジェクトの喪失 TLCPは、優れた振動吸収性能、小さな熱膨張係数、優れた耐熱性、自然難燃性、優れた成形収縮性のために、最高の改質プラスチックの1つである特殊エンジニアリングプラスチックの一種です。スプリットは、国内市場で大きなギャップがTLCPプロジェクトは、EIAの安全性の監督と検査によって2013トリプレット2000トンのTLCPプロジェクトに強い収益性を持っ
I.継続的な年の会社のTLCPプロジェクトの喪失
 
TLCPは、優れた振動吸収性能、小さな熱膨張係数、優れた耐熱性、自然難燃性、優れた成形収縮性のために、最高の改質プラスチックの1つである特殊エンジニアリングプラスチックの一種です。スプリットは、国内市場で大きなギャップがTLCPプロジェクトは、EIAの安全性の監督と検査によって2013トリプレット2000トンのTLCPプロジェクトに強い収益性を持っている、と正式に半連続の2000トンに生産に入ると予想されるスポッティング進化、10,000トンのラインの第二段階も本格的です、プロジェクトは254万元、最終的な年間生産量13,000トンのTLCP(純粋な)生産能力を投資することを計画しています。しかし、2013年と2014年に、同社は2014年に、前半2015年700以上の百万円の損失と損失18百万円の損失をTLCPプロジェクトの連敗スプリットを報告しました。
 
第二に、ブロンドの技術の炭素繊維プロジェクトの損失は上昇し続けている
 
炭素繊維は、黒鉛状構造を有するレーヨン材料、軽量、高強度、設計、統合および他の利点の自由度であり、専門家は、材料は、材料の軽量車両の主流になると予測しています。
 
2011年9月、Kingfaは、炭素繊維の2000トンと国内最大の炭素繊維複合材料の生産基地を建設するために金髪の技術を実証した炭素繊維複合材料の業界のプロジェクトの万トンの年間生産量を構築するために、独自の資金の3億人以上元にないことを決めました2013年3月、このプロジェクトは成功裏に生産され、年間200トンの炭素繊維と10,000トンの炭素繊維複合材料に達しました。しかし、同社の財務諸表によると、2013年には、ブロンドの毛髪が炭素繊維プロジェクトで411100元の純損失となりました。 2014年の損失は約555万元であり、2015年の損失は919万元であった。損失の継続的な増加に直面して、ブロンドテックは自信を持っており、T300 / T400グレード炭素繊維の工業生産を達成したと報告されている。
 
III。バイオプラスチック企業の80%の喪失
 
生分解性プラスチックは良好な分解性を有し、環境保護要件を満たし、広範な見通しを有する。生分解性プラスチックの市場需要は年間10%以上増加するとされていますが、中国で生分解性プラスチック製品を生産している約100社が死亡しています。ニュース関連のグローバルプラスチックによると、国内の生産能力は、同社が唯一の20、業界全体、企業収益の20%のみで、万トンに達すると、他のほとんどは、投資相に残っている国内市場環境の中また、生分解性のプラスチック会社が難しくなります。例えば、Ningbo Tian'an Bio-Materials Co.、Ltd.は過去8年間に生分解性プラスチックの開発に6000万元以上を投資しましたが、このプロジェクトはまだ利益を上げていません。
 
明らか修正プラスチックTLCP、炭素繊維、生分解性プラスチックなどの新材料の利点は、見通しが、しかし、プロジェクトの実施過程で、特に市場の場合には、損失によって、唯一の長期的な事業投資、完全に開いていない、という小扁ヒット。しかし、市場における継続的な有利な要因によって、関連する政策および規制がプロモーションを強く支持しており、一部のプロジェクトは引き続き業界の春に導かれます。
物事のインターネットが終わると、プラスチック製プロセッサは実現可能ですか?
場合はARMに匹敵する年間のARMTechCon技術のCortex-M0プロセッサコアのプラスチック材料の実装で説明したシリコンバレーで先月開催されたセミナー、少なくとも初期のARM-1でのミュラー、私たちの特別な注意を引き起こし。 プラスチックとハードウェアネットワークニュース:ARMは、ヨーロッパの歴史において最も成功した半導体企業であり、会社の収益性の場合とそうでないかもしれないが、世界的な
新しいプラスチック材料プロジェクトの展望には深刻な損失があります
I.継続的な年の会社のTLCPプロジェクトの喪失 TLCPは、優れた振動吸収性能、小さな熱膨張係数、優れた耐熱性、自然難燃性、優れた成形収縮性のために、最高の改質プラスチックの1つである特殊エンジニアリングプラスチックの一種です。スプリットは、国内市場で大きなギャップがTLCPプロジェクトは、EIAの安全性の監督と検査によって2013トリプレット2000トンのTLCPプロジェクトに強い収益性を持っ
中国はプラスチック製品の生産において世界のリーダーとなっている
プラスチック製品は広く使用されており、巨大な川下産業は中国のプラスチック製品産業の発展を強力にサポートしている。「石油化学産業の活性化のための規則」が公布され、中国のプラスチック製品産業は新しい発展の機会を迎えました。中国におけるプラスチック製品の市場需要は、主に農業プラスチック製品、プラスチック包装製品、建設プラスチック製品、産業輸送およびエンジニアリングプラスチック製品に焦点を当てています。 
老化および脆いプラスチック製品
まず、金型 (1)ゲートが小さすぎる場合は、ゲートサイズの調整や補助ゲートの追加を検討してください。 (2)流路が小さ過ぎたり不適切に構成されている場合は、できるだけ合理的に配置するか、流路のサイズを大きくする必要があります。 (3)金型構造が悪いと射出サイクルが異常になった。 第二に、機器 (1)バレルには、溶融物の劣化を容易に促進することができるデッドスポットまたは障害物がある。 可塑すぎる容
各国は、優れた性能を備えた新しいプラスチック材料を次々に開発してきた
ナノダイヤモンド粒子が米国特許ライセンスを付与 報告によると、欧州のCarbodeonは、ナノダイヤモンド粒子および個人エレクトロニクス、ポリマーLED照明、技術の自動車や工作機械用途の米国特許を組み合わせてきたの合成を爆発します。ナノダイヤモンド注入ポリマーは、LED照明製品、携帯電話および他のモバイルデバイス製品に熱伝導の利点を提供することができ、物事のインターネットはあらゆるタイプのデバイス
ポリウレタン硬質プラスチックの地下への適用
プラスチックおよびハードウェアネットワークニュース:永久凍土および季節的に凍結した地域で鉄道および道路を建設する場合、道路の遺伝子凍結または凍害による大きな被害を避けるため、対応する不凍液対策を講じなければなりません。地下水の凍結防止の主な対策の一つである。断熱性能の良い2種類の合成樹脂断熱材は、硬質ポリウレタンフォームとポリスチレンフォームです。 青海-チベット高速道路のいくつかのセクションでは