>
>
物事のインターネットが終わると、プラスチック製プロセッサは実現可能ですか?

网站建设:中企动力重庆

重慶市恒豊プラスチック電器有限公司     著作権

重慶市恒豊プラスチック電器有限公司

 

住所:重慶市大渡口区協力工業団地
 
電話番号:68935828
 
ファックス番号:68935828
 
メールアドレス:admin@hengfengsj.cn

物事のインターネットが終わると、プラスチック製プロセッサは実現可能ですか?

【概要】:
場合はARMに匹敵する年間のARMTechCon技術のCortex-M0プロセッサコアのプラスチック材料の実装で説明したシリコンバレーで先月開催されたセミナー、少なくとも初期のARM-1でのミュラー、私たちの特別な注意を引き起こし。 プラスチックとハードウェアネットワークニュース:ARMは、ヨーロッパの歴史において最も成功した半導体企業であり、会社の収益性の場合とそうでないかもしれないが、世界的な
場合はARMに匹敵する年間のARM TechCon技術のCortex-M0プロセッサコアのプラスチック材料の実装で説明したシリコンバレーで先月開催されたセミナー、少なくとも初期のARM-1でのミュラー、私たちの特別な注意を引き起こし。
 
プラスチックとハードウェアネットワークニュース:ARMは、ヨーロッパの歴史において最も成功した半導体企業であり、会社の収益性の場合とそうでないかもしれないが、世界的な影響力と考えることができます。市場価値の一部は確かにイエスです。
 
ARMコアは、プロセッサコア、ソフトウェア処理スタック、およびゲートおよびトランジスタアーキテクチャ/構造などのソフトウェア実装までの厳しい問題に厳密かつ重点を置いていることから、現在の業績を達成することができます。 ARMがしなかったことは、R&D競争に多額の投資をしたり、スタートアップ企業に投資したりすることでしたが、テクノロジーに精通したメディア記者の中には、
 
ARM会社が成長し、より複雑になってきているとのICは、トランジスタの抽象十億、量子力学の物理学──より多くの多様化、同社の最高技術責任者(CTO)で結合されたからプロセスを考える必要があります──マイク・ミュラーの研究者は、少なくとも半導体の研究開発がどこへ行くべきかという疑問を考えながら、業界全体の進歩を促進する責任をより負っていますか?
 
だから、ときミュラーのCortex-M0プロセッサコアのプラスチック材料の実装で説明したシリコンバレーで先月開催された毎年恒例のARM TechCon技術セミナー、早期ARM-1でARMと、少なくとも同程度の時に、私たちは特別な払う必要があります注意。
 
我々はまた、ARMがPragmaticPrinting少なくとも一つのロック用プラスチックロジック技術の新興企業を投資している、新会社は、もともと英国マンチェスター(マンチェスター)に本社を置くされたことに注意する必要があり、ARMの本社は、後にケンブリッジ(ケンブリッジ)に移動しました。
 
もちろん、プラスチック製プロセッサコアの進化はシリコンチップと同じではなく、プラスチック回路はトランジスタ密度を高めるためにシリコンチップと同じムーアの法則を持つことはありません。プラスチック製の電子部品の性能は、シリコン製の同じ部品ほど良くはありませんが、Internet of Thingsのアプリケーション(IoT)ではそれで十分でしょう。
 
Muller氏は、ARMの年次技術会議でムーアの法則についても説明していますが、ムーアのシリコンチップの法則ほど速くはないかもしれませんが、現在はムーアのシリコンチップの法則が注目されています。法律は始まったばかりです。
 
プログラマブルなプラスチック回路の採用を開始する時です...そして、おそらく30年以内に、この技術分野は超成功した半導体企業を持つでしょう!
物事のインターネットが終わると、プラスチック製プロセッサは実現可能ですか?
場合はARMに匹敵する年間のARMTechCon技術のCortex-M0プロセッサコアのプラスチック材料の実装で説明したシリコンバレーで先月開催されたセミナー、少なくとも初期のARM-1でのミュラー、私たちの特別な注意を引き起こし。 プラスチックとハードウェアネットワークニュース:ARMは、ヨーロッパの歴史において最も成功した半導体企業であり、会社の収益性の場合とそうでないかもしれないが、世界的な
新しいプラスチック材料プロジェクトの展望には深刻な損失があります
I.継続的な年の会社のTLCPプロジェクトの喪失 TLCPは、優れた振動吸収性能、小さな熱膨張係数、優れた耐熱性、自然難燃性、優れた成形収縮性のために、最高の改質プラスチックの1つである特殊エンジニアリングプラスチックの一種です。スプリットは、国内市場で大きなギャップがTLCPプロジェクトは、EIAの安全性の監督と検査によって2013トリプレット2000トンのTLCPプロジェクトに強い収益性を持っ
中国はプラスチック製品の生産において世界のリーダーとなっている
プラスチック製品は広く使用されており、巨大な川下産業は中国のプラスチック製品産業の発展を強力にサポートしている。「石油化学産業の活性化のための規則」が公布され、中国のプラスチック製品産業は新しい発展の機会を迎えました。中国におけるプラスチック製品の市場需要は、主に農業プラスチック製品、プラスチック包装製品、建設プラスチック製品、産業輸送およびエンジニアリングプラスチック製品に焦点を当てています。 
老化および脆いプラスチック製品
まず、金型 (1)ゲートが小さすぎる場合は、ゲートサイズの調整や補助ゲートの追加を検討してください。 (2)流路が小さ過ぎたり不適切に構成されている場合は、できるだけ合理的に配置するか、流路のサイズを大きくする必要があります。 (3)金型構造が悪いと射出サイクルが異常になった。 第二に、機器 (1)バレルには、溶融物の劣化を容易に促進することができるデッドスポットまたは障害物がある。 可塑すぎる容
各国は、優れた性能を備えた新しいプラスチック材料を次々に開発してきた
ナノダイヤモンド粒子が米国特許ライセンスを付与 報告によると、欧州のCarbodeonは、ナノダイヤモンド粒子および個人エレクトロニクス、ポリマーLED照明、技術の自動車や工作機械用途の米国特許を組み合わせてきたの合成を爆発します。ナノダイヤモンド注入ポリマーは、LED照明製品、携帯電話および他のモバイルデバイス製品に熱伝導の利点を提供することができ、物事のインターネットはあらゆるタイプのデバイス
ポリウレタン硬質プラスチックの地下への適用
プラスチックおよびハードウェアネットワークニュース:永久凍土および季節的に凍結した地域で鉄道および道路を建設する場合、道路の遺伝子凍結または凍害による大きな被害を避けるため、対応する不凍液対策を講じなければなりません。地下水の凍結防止の主な対策の一つである。断熱性能の良い2種類の合成樹脂断熱材は、硬質ポリウレタンフォームとポリスチレンフォームです。 青海-チベット高速道路のいくつかのセクションでは